読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・幕末純情伝の稽古12時間密着配信の事

前回からの引き続きの記事です。

 

blackthrush-r.hatenablog.jp

 

少し脱線しますが、6月4日にAbemaTVにて幕末純情伝の稽古の様子を12時間密着で

流すという番組が放送されました。

事前情報は、あまり入れたくないタイプなのですが

TLにちらほら流れてくる玲奈さんの様子が気になって見る事にしました。

結果から言うとこれがあったお陰で私の中のモチベーションが凄く上げられたのでした。

というのも、玲奈さん以外のキャストは後々発表で

所謂相手役となる坂本龍馬に私はとっても期待していたのです。

かつては筧利夫さん、真琴つばささん、世界が泣いてるならで共演した神尾祐さん等々

本当に実力のある俳優さんばかりが名を連ねている作品。

(特に神尾さんは大好きなので神尾さんだったら死んじゃう!と思ってました)

一体どんな人が玲奈さんの大舞台の相手役になるのか?!

待ち望んだキャスト発表!お相手はNON STYLE石田明さん!!

 

 ・・・え?

 俳優さんですらないですけど・・・。

 

後々調べると舞台にも沢山出演なさってて評判が高いとの事。

それに漫才のスタイルをみれば確かに実力はあるんだろうけど・・・

期待が高かっただけに

本当にチケット譲ろうかなと思うくらいにはテンションが落ちてました。

とっても失礼な事ばかり言っていますが

今となっては石田さんで本当に良かったと思ってますけどねw

 

こんな感じですっかり冷めてしまった私でしたが先ほど言ったように

この稽古の様子を見た事によって

私の中の石田さんへの印象ががらりと変えられました。

兎に角凄まじい台詞量!

早口でありながらも、ちゃんと観客に伝わらないといけない。

幕末の中でも圧倒的な台詞量なのが坂本龍馬役だと思います。

笑いも取り入れているので独特の間や空気を読む瞬発力なんかも必要で

どちらもこなす・こなせる人となると本当に大変な役どころ・・・

それが出来ている石田さん凄い!と。

本当あんな失礼なテンションだった癖にどの口がって感じですね。

石田さんには一度謝りたい気持ちがあります。

 

ところでこの密着番組の間の私と言えば・・・

 

 

 

 

相変わらずでした。

不届きものでございます。

斬られたいですね()

まぁ、こんな不真面目な感想もありつつですが真面目に見てる部分もありました。

 

 

これは完全に入ってる時の目。

こういう目をする玲奈さんが好きでファンになった当時を思い出しました。

そうです、ゲキカラですね。

まぁ、ゲキカラの様にぶっ飛んでるキャラじゃないですけどね。沖田は。

 

このシーンも良かったですね。

 

 

三つ指が似合う役者、松井玲奈

 

稽古も勿論楽しいのですが、合間の共演者さんとのやりとりなんかも

微笑ましく皆さんもプロの方々なので稽古のシーンもとても楽しく

改めて幕末純情伝が楽しみになる12時間だったのでした。

 

 

 

 

 

 

このキャプの撮りようからしても私のテンションが上がってるのが伺えますw

 

さて、またまた長くなってしまったのでこの記事も一旦ここで閉めます。

いつになったら感想に辿り着くのか不安になってきました。

おかしいな・・・記事1つで終わると思ってたのに・・・。

 

でも次で最後になると思います!引き続きお付き合い頂ければ幸いです。

 

続く