LIFE ~生きる事でしか見いだせない世界へ~

遡る事半年前ほど。

私は毎日寝て起きてぼんやりして

何もせず何も出来ず、ただ日々をやり過ごしていました。

突然に訪れた人生の転機に闇の手前まではまり込んでいて

何か楽しむ気持ちにもなれず

何かを始める気にもなれず

外に出て何かを感じたり考えたりする事もしんどかった。

ひたすら時間を無駄に過ごしていました。

そんな時ふとTwitterでお勧めされ、ちらっと見て興味を持ったのが関ジャニでした。

 

blackthrush-r.hatenablog.jp

 

その時の事は↑以前のエントリーで書いたので

そちらを見て頂けたらと思うのですが

お陰でキラキラと光るものを少し取り戻せて

少しづつ日常を取り戻す事が出来てきていました。

そのキラキラは確固たるもので決して欠けたりしない

絶対に揺るがないものだと勝手に思っていました。

だからこのタイミングで好きになったのかもしれない。

私は形あるものを、突然自分の前から消えてしまわない

そう思えるものを好きでいたかったのかも…。

 

そんなものはこの世には無いって嫌ってほど理解してるのに。

 

フライデーの事前予告が出た時

よりによって渋谷さんが辞める訳ないと本気で思っていました。

あの渋谷さんが

アイドルである事を公言しプライドを持って名乗るあの人が

ファンに名前をつけ誰よりも愛を込めて叫ぶあの人が

辞める?そんなバカなwってそう思ってました。

 

でも事実だった。

そんなバカなと思ってたはずなのに

いざ辞める理由を聞くと納得が出来てしまう。

だってその才能を持っている人だから。

ファンから見ても、業界の人から見ても渋谷さんは才能の塊だ。

そんな人が1から自分一人で音楽の道を進みたいと

そう思う事って凄く自然で当たり前の流れだって納得させられてしまう。

細かい部分で燻ってしまう想いは当然あるけれど

この決断を応援したい気持ちも当然ある。

そして、何よりも残った6人を応援したいと思いました。

 

来年、15周年を節目にFCに入ろうと思っていました。

でも週が明けたらFC申し込みしてきます。

退社を決めた渋谷さんを、その渋谷さんを見送る事を決めた

横山さん、村上さん、丸山さん、安田さん、錦戸さん、大倉さんを

全員を応援したいので、その意思表示の為に。

 

渋谷さんの熱さ、それがメンバーに伝導していく様が好きでした。

目元にいっぱいの皺を作って破顔する笑い方が好きでした。

自分だけじゃなく引くべきところですっと引く頭の良さが好きでした。

ファンに名前をつけて愛おしむ姿が好きでした。

そんな貴方がいた関ジャニが好きになりました。

 

きっとこれからもこの想いは変わらないと思えるから。

 

f:id:blackthrush_r:20180415171639j:plain

 

f:id:blackthrush_r:20180415171658j:plain

 

f:id:blackthrush_r:20180415171710j:plain

 

f:id:blackthrush_r:20180415171720j:plain

 

 それが君でした 愛し君でした

 ココロが求めていたもの全て

 その微笑み その優しさ 言葉にすれば一つしかない

 

 愛でした。 / 関ジャニ∞