SMAP 25 BESTに入らなかった曲の話をしようよ

本日朝起きて最初に目にしたニュースがSMAPの最後のベストアルバムの

曲目が決まったというものだった。

私自身はどれも思い入れがあって投票はしなかったのだが

思っていた通りのものが収録されていて概ね満足だった。

一番入れて欲しかったSTAYは、何なら投票1位まで獲得していたし

メンバー紹介楽曲は最初に作られたFive True Loveから

3曲とも全てランクインし、綺麗に3枚に1曲づつ割り振られる形となった。

 

1つだけ残念だなと思ったのはシングル曲の「しようよ」が

ランクインしなかった事。

そもそも25年活動してきたグループの曲を50曲に絞ろうっていう時点で

どうしたって入らないものは出てくるのだが

常々、この「しようよ」の素晴しさを語りたいなと思っていたので

この機会にブログに書く事にしようと決めた。

 

SMAPの しようよ は

17枚目のシングル曲でまだ6人グループの頃に発売されたものだ。

当時オロナミンCのCMソングに使用されていたので

聞き覚えがある人もいるかもしれない。

清涼飲料?のCM曲に使われているもののイントロからして大人っぽい雰囲気で

とてもメロディアスに始まる。シルエットバックで踊る6人がとても格好いいのだ。

 

この頃のSMAPといえばアイドルの王道を少し外した

$10が売れたり、それまでの作詞・作曲家をあえて使わなかったり

歌詞も大人っぽい感じだったりと色々な模索が見て取れる時代だと思う。

ダンスも激しく踊るものではなく、一番若い慎吾ちゃんですら大人っぽく見える仕上がりになっているのがこのしようよだと思う。

 

作詞は森浩美 作曲はJimmy Johnsonとなっているがこれは馬飼野康二の別名義だ。

この二人といえばSMAPのデビュー曲も担当しているし

笑顔のゲンキ・雪が降ってきた・オリジナルスマイルとSMAPといえば

出てくる曲の作詞・作曲を担当してきた二人である。

SMAPだけでなくジャニーズ楽曲といえば、といっても過言ではないかもしれない。

 

この曲の一番注目したいところは大サビ後の

中居・木村の2トップパートだ。

 

dai.ly

 

www.uta-net.com

 

 話そうよ 目を見れば分かるなんて ちゃんと言わなきゃ分からない

 君がいなけりゃさみしい

 正直に どんなことでもかまわない 話をしようよ

 

歌詞の通り、このパートを二人で向かい合って歌い

終わり間際にハイタッチをして交差して全員の所に戻る。

こんな小さな振りの1つでも、今となってはぐっとくる様な状況になってる事が

とても残念だが、この曲がまた披露されるような時代が来る事を願って・・・。

星をめざした先に十五夜の月

ジャニーズというのは割とぶっ飛んだ歌も多い。

古い年代のもので言えばシブがき隊の「スシ食いねェ!」なんて

寿司ネタの羅列でサビではほぼスシ食いねェ!としか言わない。

ただし、この曲はNHK みんなのうたで使用されていたので

子供向けと考えれば納得はいく。

 

タイトルだけなら数えきれない。

デカメロン伝説なんて若い子が聞いたらなんのこっちゃであろうが

これはギリシャ語の10日=deka hemeraiから由来しているし

歌詞の中にもこの10日というフレーズが盛り込まれている。

そして作詞は秋元康である。←

 

それはさておき、曲においてインパクトというのは大事だ。

タイトルの場合もあるだろうし振り付けの場合もある。

でもそれは人を惹きつける要素でもある。

NEWSの曲に「星をめざして」という曲がある。

www.uta-net.com

よく人数が減っただ活動休止などがあっただという話題が出るが

これはNEWSが6人になって活動再会後発売されたCDである。

曲の始まりの歌詞が

「一度 死んで また生き返る そんな 魔法をかけられていた」

という山下君のソロから入る。

ど頭から死と生が盛り込まれたとても静かな入り。

ジャニーズの歌詞でこんな重たい感じで死とか入れちゃう?!

と初めて聞いた時はびっくりしたものだった。

作詞者は作家のなかにし礼

ジャニーズでなかにし礼作詞の曲はTOKIOのAMBITIOUS JAPAN!とそのカップリング

そしてこのNEWSの星をめざしての3曲だけだと記憶している。

入り口こそ死という言葉を使っているがそれは本来の死という意味ではなく

今までの自分との別れだったり、新しい世界を踏み出す為の

揶揄だという事が残りの歌詞から伺える。

上の歌詞の後には

「目覚めたら 君がいて 光みちていた 僕は生まれ変わった」と続く。

この曲はアメリカのCGアニメ「ハッピーフィート」という主題歌でもあったので

その主人公に因んだ歌詞でもあるのだが

これをNEWSが歌うという事にNEWSヲタ的には胸にくるものがある。

サビの歌詞は

「みんないるかい 星をめざして 君に導かれ 歌いながら ぼくは歩き出す

 ふり返らないさ 傷だらけの少年時代など」

NEWSの歴史と合わせて聞くと映画の主題歌の為だけに作られたとは思えない

驚くほど心情が重なる曲だなと改めて思う。

この曲が歌われていた時には後に6人から、さらに減るだなんて

残った4人もファンも想像もしていなかっただろう。

それでも

「生きて、生まれ代わり目覚めた時そばにいる人と共に歩き出す。歌いながら」

その結果が9月15日・13周年目という節目を迎えられたのかな?と。

 

この曲の意味を深く考えながら今日の十五夜の月を眺めたいと思う。

 

f:id:blackthrush_r:20160915122259j:plain

100%SKEを購入して思う事。

Twitterのヲタ垢を消したのは2月の終わり位でしたでしょうか。

消した直後はSKEの情報も追っていましたが

追えば追うほど、自分のヲタとしての至らなさを痛感してしまうので

最近では数日起きにまとめをチェックする位になっていました。

画像の保存もやめてしまってここ数ヶ月分のメンバー画像はほぼありません。

 

それでもドルヲタの気質は残ってるもので

サイレントマジョリティのPVでうおぉおお!ってなったり

玲奈さん在籍中の乃木坂楽曲を聴いたりしてました。

乃木坂はc/wが秀逸でしてね・・・。←

あ、あとじゅりなのできしなも見てます。

ドラマとしても純粋に楽しんでます。

それ位でしょうか、アイドルに触れている時間は。

 

そんな中

久々に発売されるSKE48だけの雑誌「100%SKE」を買いました。

何かAmazonで頼む時にでも、ついでに買おうかな。位に思ってたのですが

たまたま寄ったコンビニに1冊だけ残ってて、手にとっていました。

その中でゆななと楽々が未来とは?の衣装を着て

ナゴドの道で立ってるページを見た瞬間に久々に胸が熱くなりました。

これがSKEの未来なんだ。と。

ゆななの受け答えが、全てを受け止める優しさに満ちてて

文章だけでほっこりさせられました。

楽々の真面目さからの熱を、うんうん。と肯定している存在。

この2人は希望のかたまりなんだなと。

少しヲタの道に連れ戻された気がしました。もう少しSKEを見てたいな。と。

別のページで全国ツアーのフィンランについて

ベタ褒めされてる方がいましたよね。多分こういう事なんだろうなと。

1.2.3期が減った今、SKEが成長するには初期のメンバー以上に

若手が持たないといけない気持ちや心意気が必要になってくるでしょうね。

その時、それを少しでも肯定してあげられる存在になりたいと思いました。

この子達は皆頑張ってきてるんだと。

とっても遠い所から、届かないような小さい声かも知れないけど

それを見てきた人がいるんだよ!って。

ちっぽけな存在ですけどね・・・w

100%SKEを買って、少しだけどそう思えました。

 

追記

クソ真面目な事しか言ってないので恥ずかしくなってきたので

不真面目な事も言っておきます。

 

なおちゃん・るかのグラビア、両極端にあって最高だな!

あかりんのエロさ・筋肉がチラリする衣装最高か!

はぁ・・・はるたむ・・・。

えご天尊い(合掌)